<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
chu-ink hepalin rakugaki muraimimi
RECOMMEND
≡ SPONSORED ≡

♯ b2bから沖冲.、ヨシカワショウゴが参加!



paintaal
PAINTAAL
2012.3.23(fri)
18:00―23:00
at 渋谷PARCOスペイン坂


総勢30名のアーティストによるライブペインティング!

来る3/23(金)18時〜23時、渋谷PARCOのスペイン坂広場にて、30人〜のアーティストによるライブペインティングを行います。ライブペイントの向かい側PARCOのSR6にて2階から音楽とお酒と共に、ライブペインティングを眺められるスペースが設けられます。Aquviiがプロデュースする、渋谷のこの一晩に皆様是非遊びに来て下さいませ。


▶参加アーティスト

AKKI(OCAMI DRAWING) 
andante andante
イケヤシロウ
イワサキユキコ
UNO
太田素子
沖冲.
大西真平
大山美鈴
kin
KYOTARO
kei
後藤寿方(OCAMI DRAWING)
坂本大三郎 
Saqui Hotate
佐野方美
JUN OSON
DAVID(生意気)
CHihiro Ito(伊藤知宏)
toba fumihito
DONA
長嶋五郎(ゴンゴン)
HAMADARAKA(Eru Arzizono/Emu Arizono)
HIZGI
HIDEYUKI KATSUMATA
BENICOTOY
船山義規
MARUOSA
Yohei Takahashi(CURICOPO)
Johan Kleinjan
ヨシカワショウゴ
LINDA
WOF
WORUZ
WHOYOU
...and more !!


▶AFTERPARTY

22:00よりスペイン坂広場の目の前の *"WWW"ラウンジ*でAFTERPARTYを行います。
※WWWは要IDです。免許証、パスポート、住民基本台帳、顔写真付きID*必須です。
| - |posted by bLack 2 bLack at 23:13 | - | trackbacks(0) | | |

♯ LIVE PAINT Showcase "bLack EYE vol,02" 開催!!

 
LIVE PAINT Showcase
“bLack EYE”vol.02


produced by BAKIBAKI × 沖冲.


「踊りだす、絵画」
”bLack EYE”は、背景の異なる二人のプロデューサーそれぞれがセレクトしたペインター×ミュージシャンによる、一本45分間のセッションライブ・ショウケースイベントです。
ライブペインティングの「ライブ」性に重点的にスポットライトを照らし、ライブペインティングの再解釈と深化の可能性を探る試みです

■2012年3月22日(木)
 open: 19:00/start: 19:30
 door: ¥1500+1D
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677


♦LIVE ( 45min. ×2 )
沖冲. side
NANOOK(paint) × 高橋保行(music)

BAKIBAKI side
NOVOL(paint) × DJ DUCT(music)


♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲.
guest: 坂本渉太


♦halftime show
Marin


♦USTsupport
yealo! → http://yealo.jp/


▼PAINT:
NANOOK


中学、高校と山奥にあるキリスト系の全寮制で育つ。あまり知られてはいないが、当時はダニエル・黙示録研究会に所属という暗い過去がある。しかし、大学時 代に行ったアラスカ旅行で30分にも及ぶキングサーモンとのファイトにより、周りから徐々に認められる存在に。2009年に個展「POP WAR NOW!」(金柑画廊、東京)、2010年に個展「NATIONAL GEROGRAPHIC」(mograg garage、東京)を開催、その他グループ展への参加。

official site → http://nanoooook.blogspot.com/

/////////////////////////////////
NANOOKほど肩の力の抜けた絵を描く描き手を僕は知らない。しかもそれは単なるユルさや狙いすました脱力系に陥る事なく、「よいバイヴス」としか形容 する事の出来ない、妙なさわやかさをはらんだ独特の空気感を醸し出している。モチーフとなるものは、ホラー、スケート、HxCx、ZINEなど一見イカつ いカルチャーを経由しているにもかかわらず、である。それはきっと彼の制作哲学の中に確固とした美意識とこだわりがあるからではないか、と踏んでいる。そ んなNANOOKが今回ライブペイント初挑戦する。音楽は“渋さ知らズオーケストラ”にも度々参加しているフリージャズトロンボーン奏者の高橋保行。 NANOOKにとっては音の世界観も含め全てが未体験の45分間が展開する事だろう。だがきっと彼は彼の美意識を持っていつものようにひょうひょうと状況 を飲み込み、「よいバイヴス」をキャンバスの上に吐き出してくれる、と僕は期待している。 /沖冲.


NOVOL


2002年、JAZZに衝撃を受けてから絵を志す。 人間と音楽の漲る関係を、人間性溢れる顔をベースに構築する画風はライブペインティングで注目を浴びる。インプロビゼーションさながらの画力に惹かれ、全 国からのイベントオファー多数。また2008年のMURO”SKYHIGH”を皮切りに、MICROPHON PAGER、MITSU THE BEATS、DJ SEIJI、近藤房之介、DEZILLE BROTHERS、EMCEE STATE 等のCDジャケット、BLUENOTE東京をはじめ、全国各地のCLUBへのフライヤー&ポスター等、数多くの音楽関連のデザインワークを手掛け、さらに 店舗内外装壁画や、KOOLとのコラボレーションパーケージを果たすなど、様々な企業やアーティスト、ブランドなどとコラボレーションを重ねている。 2011年は音楽誌”WAXPOETICS”やファッション誌”2ND”にも特集を組まれるなど徐々にその名が浸透しつつも、現場で描き続け、人との出会 いを楽しみ、更なる広がりを目指している。
official site → http://sound.jp/novol/

/////////////////////////////////
NOVOLと出会ったのは、確か2005年のEyeRhyme003@京都Tranqroomだった。当時mixiを通じて全国各地のペインターと繋がる 黎明期で、中部地方から陽気な軍団が舞い降りたという記憶がある。あれから7年、当時から変わらずNOVOLはJAZZメンのパッショナブルな表情をモ チーフに、どっしりウェイトの乗った迫力あるペイントで観るものを魅了してきた。そして、今回はワンターンテーブルの魔術師DJ DUCTとの45分間ガチンコセットでどんな大一番を見せてくれるのか?とても楽しみで眠れぬ夜が続くのであ〜る。
/山尾光平 as BAKIBAKI

http://black-eye.info/
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 15:56 | - | trackbacks(0) | | |

♯ 2012年、新たなライブペイントの企画が立ち上がる !!



-LIVE PAINTING Showcase-
“bLack EYE” vol.01
produced by BAKIBAKI × 沖冲.

2012.01.21(sat)
Open/18:30 Start/19:30
Charge: 1000円+1ドリンク
@AMPcafe
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
Tel: 03-3315-3677



♦LIVE ( 45min. ×2 )
沖冲. side
ICHASU(paint) × 1869(music)



BAKIBAKI side
QUE HOUXO(paint) × Leo Sato(music)




「踊りだす、絵画」
”bLack EYE”は、背景の異なる二人のプロデューサーそれぞれがセレクトしたペインター×ミュージシャンによる、一本45分間のセッションライブ・ショウケースイベントです。
ライブペインティングの「ライブ」性に重点的にスポットライトを照らし、ライブペインティングの再解釈と深化の可能性を探る試みです。

♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲.
guest: Koutaro Ooyama a.k.a MON


♦halftime show
burlesque dance (オディール・しじみ / 栗原那津子)


♦USTsupport
yealo! → http://yealo.jp/





◆about “bLack EYE

 かつて絵画とは、時をフリーズさせ完成されたピースを壁に掛け、鑑賞者はその完結した存在から一方的に作家の込めたメッセージや社会的テーマを読み解くものであった。
それ故に絵画とは、時とともに歴史に組み込まれ、時が過ぎればそれはかつてあった「当時」を再生する装置としてのみ機能した。
つまり絵画とは、アーティストの手によって描き上げられたその瞬間から過去になった。

 ここに二人の絵描きがいる。

 ライブペインティングデュオ“DOPPEL”においてそのキャリアをスタートし、パーティシーンにおいて場のバイヴスから得たインスピレーションを画面に定着させるライブペインティングを主戦場に、鑑賞者との相互作用の中で様々なスタイルを生み出す絵描き、山尾光平。

 無意識に描き出すドローイングを起点に、ファンタジックなペイント、マンガ、キャラクターなどを制作する傍ら、アートスペース“mograg garage”のディレクション、アート本制作、トークショーなど直感とアイデアの赴くがまま、様々な提案を発信する絵描き、沖冲.。

 このまったく遍歴も作風も異なる二人は、『絵画の可能性』という共通の問題意識へのアンサーとして00年代に異なる二つのパーティを立ち上げた。

 山尾光平は『視覚韻/EyeRhyme』を立ち上げ、全国各地で展開しながら、同時多発的に各地で胎動しはじめたライブペイントアーティストたちと独自のネットワークを構築し、ライブペインティングシーンという新たな定義を確立する立役者の一人となる。
そこで交わされるコミュニケーションはクラブシーン、グラフィティシーンを巻き込み、自己のアピールやペインティングをショウアップする手段として各人が生み出したオリジナルのスタイルを、時にぶつけ合い、時に融合するといった形態で、観る者にも分かりやすくエキサイティングなペイントの興奮を伝えていた。

 一方、沖冲.は「視聴覚醒室」をテーマに、おもに関西のオリジナリティ溢れるバンドとともにライブドローイングパーティ『bLack 2 bLack』を立ち上げる。
そこでは視覚的なドライブ感を高めるために、複数の絵描きが決められたタイムテーブルに従い交互に絵を描き重ねるというルールを設定し、部分的に構築されていくドローイングの浸食と破壊を物語的に演出しつつ、一つのカオティックな画面を描き出すことで、時間芸術である音楽との埋めがたいタイムラグの克服を目指し、絵と音をいかにして同じステージに乗せるか、という実験を繰り返した。

 この二つのパーティをオーガナイズいていた山尾光平と沖冲.がお互いのパーティの頭の文字を冠し2012年『bLack EYE』という新たな企画を立ち上げる。
テーマは「Live Painting Showcase」。この企画において我々は、一部その界隈では定着しつつあるライブペイントというエンターテイメントを、より広く一般に提案していきた いと考えている。本企画は毎回、二人が個別にセレクトしたアーティスト×ミュージシャンのタッグによる45分間のライブショウケースによって、絵と音楽の 相互作用、ショウアップされたスキル、アーティストの個性豊かなスタイル、観客の目の前で作品を制作していく描き進め方とハプニングなどといった、ライブペイントに よってより際立つ絵画の楽しみ方の一側面をクローズアップし、新たな絵画の鑑賞方法の眼を開くきっかけになればと期待している。
 また、参加していただくアーティストにとっても、セレクター二人のトライブの違いが新たな異文化交流を生む場となり、また、ライブペイントにおいて自分が どのような勝負を仕掛けるかといったような、普段の制作では発見することのない新たな可能性を見いだす体験となれば言うことはない。

 単一の意味しか持たない文字という記号を組み合わせ、紙に現すことで無限の物語を表現することを日本人は「活字」と呼ぶように、頭の中のイメージを線や色が有機的に絡まりあうことで絵画が生まれるその瞬間の「活画-ライブペイント-」によってプリミティブな絵画の驚きと喜びを呼び覚まし、それをさらにショウにまで押し上げることによって巻き起こる絵画を中心としたコミュニケーションの有り様は、かつてあった絵画のそれとはまったく異なる魅力を発光させることだろう。

太古より聖書が唱われはじめたようにそろそろ絵画も踊り出さなければならない。
さあ、ここからはじめよう。
ライブペインティングは観る者の『絵画の可能性』を広げる扉なのだから。
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 19:05 | - | trackbacks(0) | | |

♯ mograg magazine vol,03リリースパーティ!!!!

fantazyzone
mograg magazine vol,03 Release Party
FANTASY ZONE

2011年12月1日(木)
Open: 19:00/Start: 19:30
前売: ¥2300+1D/当日: ¥2800+1D
(来場者全員に"mograg magazine vol,03"プレゼント!!)
at SuperDeluxe
〒106-0031東京都港区西麻布3-1-25 B1F
Tel: 03-5412-0515 Fax: 03-5412-0516
前売りチケット予約受付中

ジャパニーズアート&カルチャーマガジン“mograg magazine”がお届けする奇天烈ナイト!!
会場のあらゆる場所でジャンルレスなパフォーマンスが多面的に展開される亜空間!
あらゆる文化を皿まで飲み込み、新たに吐き出される虹色のステージをぜひ体感しに来てください!!!!

▼LIVE:
N.K.G.
nkg
新世代フリージャズバンド!!
ノイズ中村こと中村賢治をバンマスに日々ジャズの解釈を拡張させるべくセッションを繰り返す不定形バンドN.K.G.。
今回は中村賢治(sax)、岩見継吾(b)、池澤龍作(dr)、坂口光央(key)の四人編成。毎度期待を裏切らないパフォーマンスは必見。
twitter: @blackgoldjazz

シャバクラ!-CBAFと仲間たち-
cbaf
ザッツおもてなしエンターテイメント!!
CBAF(シバフ)/久恒亜由美、yon(快快)、小林由美子、渡辺真子の4人で構成される、奉仕するだけじゃ飽き足らない指名制度アリのおもしろおもて なしパーティーチーム!2010年結成。企画を手がけるイベント「シャバクラ!」では、キャバクラのシステムをちょっぴり応用し、"もてなす美学"を念頭 に、女の子で創るパーティーの可能性を探ります。おもてなし精神は女の子の武器でありパワーであり社会のエネルギー♥清くシャバく美しいひとときを!!イ ベントの形式に合わせオプション充実の「デリバリーシャバクラ!」としてCBAF出張も行ってます。

DOPPEL+須弥山
DOPPEL
doppel
須弥山
syumisen
ライブペイント×象麟!?!?
山尾光平と大山康太郎によるライブペインティングデュオ『DOPPEL』。
今回は、「象麟」というオリジナルバグパイプ楽器(ほぼオブジェ)の
演奏家:須永健太郎率いるバンド『須弥山』との異色の「絵×音セッション」!
http://www.doppel.to/

maruosa
maruosa
EXSTREAM!!!!!!!!!!!!!!!!!
世界唯一のエクストリームラップトップミュージシャン。
活動範囲は日本国内にとどまらず、現在までに、"SONAR"(スペイン)、"Roskilde Festival"(デンマーク)、"SXSW(アメリカ)"、GOGBOT(オランダ)、LUFF(スイス)など、数々のフェスティバルに出演。
今年は2ndアルバム「EXSTREAM!!!!!!!!!」リリース、WRENCHの最新アルバム「EDGE OF CHAOS reCONSTRUCTION/LIVE&REMIXXX」にREMIX参加、約2ヶ月半に及ぶヨーロッパツアーを経て、いよいよ凱旋帰国!!!
http://www.rendarec.com/

BOGULTA
bogulta
新生ボガルタ東京初GIG!!!!
またまたまたとないチャンス到来!!
時空が歪めた破滅の先に降り立った堕天使、羽山銀河
滅裂マッサの根元から放たれた冷徹のジョーカーチョイサー砂十島NANI
がお送りする、身湧くの強壮曲達のダイナモンド!!
厳密マッサで言えば、キャナリのリノベーションパーソナリティーって事。
天井にプロペラ付けたらカクテル持って逆三角!!
http://bogulta.com/

▼DJ:浮舌
▼VJ:伊波英里
▼展示:SONTON

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■mograg magazine vol,03【テーマ:巨大/GIANT】
アートスペース mograg garage がお届けする、
ビジュアル至上主義者たちのための
アート & カルチャーマガジン!!
定価:¥1,260 (税込)/B5 /130page/カラー&モノクロ
©mograg Publication
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 10:56 | - | trackbacks(0) | | |

♯ 7/20 bLack 2 bLack Tokyo:02 !!!!

b2b_tokyo02
bLack 2 bLack Tokyo: 02

2011.07.20(wed)
Open/ 19:00
Start/19:30
Charge: 1500円+1ドリンク
at SuperDeluxe



複数のDJが交互に音を繋いでいく「back 2 back」のレコードを黒マジックに持ち換え、絵描きたちが1つのキャンバスに一人約10分のタイムテーブルに従って交互に絵を描き重ねていくLive Drawing Party『bLack 2 bLack』が約2年ぶりの復活!!今回は10年代のポップ、ダブ、フリージャズを体現するミュージシャン×b2bライブドローイング×デジタルコラージュという異色のセッション空間を展開!!絵と音の視聴覚醒室『bLack 2 bLack』!!!!!

出演:
Drawing:
沖冲.
みなみりょうへい
ICHASU

Digital Paint&Collage:
梅ラボ

VJ:
伊波英里


Live:
Mr. Understand
SiNE
N.K.G. +Friends
・中村賢治(ノイズ中村)(sax)
・高橋保行 (tb)
・池澤龍作 (dr)
・吉田隆一 (sax)
・Cal Lyall (g)
・種石幸也 (b)
・中山とも (b)
・恵谷隆英 (dr)

DJ:
浮舌(20tn!)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

企画:mograg garage
     velvetsun
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 02:20 | - | trackbacks(0) | | |
<< | 3/14PAGES | >>
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS