<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
chu-ink hepalin rakugaki muraimimi
RECOMMEND
≡ SPONSORED ≡
<< “bLack EYE”vol.10開催! | main |

♯ Live PAINT & TALK Show "bLack EYE vol,11" 開催!!

 

Live PAINT & TALK Show
“bLack EYE”vol.11


produced by BAKIBAKI × 沖冲.

第11回は京都から気鋭のイラストレーターが参戦!!
本企画は、プロデューサーである二人が個別にセレクトしたアーティスト×ミュージシャンによる45分間のライブショウケースを第一部のメインコンテンツとする。
さ らに、ライブ直後のアーティストを招き、BAKIBAKIの現場の経験値に基づいた見地と、沖冲.のより広義な絵画の知識に基づいた見地からの解説、そこ にアーティスト自身の生の声を加えた45分間のドキュメンタリーとしてライブペインティングを“再生”するアフタートークを第二部とする、2部構成となっ ている。これによってライブペイントをより多角的にたのしめる一夜をお届けする。

■2013年9月14日(土)
 open: 18:30/start: 19:30
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677

charge: 当日2,000(+1D) /予約1,500(+1D)   
※FaceBookイベントページ参加表明で前売り予約となります→予約はコチラ


♦LIVE ( 45min.)
BAKIBAKI side
岡村優太(paint) × 山田あずさ (music)

♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲. × 岡村優太
assistant: URRY

♦USTsupport
yealo!


▼PAINT:
岡村優太
イラストレーター
1988年大阪府生まれ。京都市在住。 2011年京都精華大学卒業。
面相筆と墨を用いたドローイングを手がける。雑誌やフライヤーなど紙媒体のみならず、アートプロジェクト「瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト」やミュージックビデオ「Scott & Rivers - Butterfly」などさまざまな媒体で展開。そのほか雑誌「mograg vol.4」やグループ展「MY BEST FOOD」(ROCKET/2013)に参加するなど、精力的に活動を続ける。


▼MUSIC:
山田あずさ

鍵盤打楽器奏者
北海道富良野生まれ。桐朋学園大学音楽学部カレッジデュプロマコースにてマリンバを専攻。
世界的なマリンバ奏者である安倍圭子氏に師事、打楽器を佐野恭一、ドラムセットをJimanica(d.v.d)、小山太郎の各氏に師事。
卒業後、即興演奏やダンスとの共演、Live活動の他、録音、無印良品キャンプ場でのワークショップ、作曲家 佐瀬寿一氏を中心とした CHILD OASIS PROJECTへ参加。
現在、WUJA BIN BIN、打楽器Duo MoMo、渋さ知らズなどで活動中。2013年、1ヶ月にわたる渋さ知らズ欧州ツアーに参加。

 


/////////////////////////////////
沖冲.'s EYE

bE第11回は京都の気鋭のイラストレーター:岡村優太が参戦する。1988年生まれ、25歳と若い彼だが、確かなテクニックとユルいユーモアを合わせ持つ彼の作風は
彼が手がけている仕事の幅広さをみても、既にイラストレーターとして高いレベルで完成していると言える。
また彼や彼の周辺では関西のペインターの新しい潮流を感じさせる才能が出現してきており、その旗手としてもここで彼を紹介することに重要な意味があると感じている。
対する音楽は、マリンバ奏者として先月まで渋さ知らズの欧州ツアーにも参加していた、山田あずさ。様々な楽器を奏でる山田さんといくつかの作風を自在に描き出す岡村くんがどのような45分間のパフォーマンスをみせてくれるのか、今から楽しみである。


http://black-eye.info
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 13:42 | - | trackbacks(0) | | |

♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS