<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
chu-ink hepalin rakugaki muraimimi
RECOMMEND
≡ SPONSORED ≡
<< bLack EYE in GEISAI Gallery | main | “bLack EYE”vol.10開催! >>

♯ Live PAINT & TALK Show "bLack EYE vol,09" 開催!!


Live PAINT & TALK Show
“bLack EYE”vol.09


produced by BAKIBAKI × 沖冲.

ホームAMPでの企画改変一発目!!
本企画は、プロデューサーである二人が個別にセレクトしたアーティスト×ミュージシャンによる45分間のライブショウケースを第一部のメインコンテンツとする。
さらに、ライブ直後のアーティストを招き、BAKIBAKIの現場の経験値に基づいた見地と、沖冲.のより広義な絵画の知識に基づいた見地からの解説、そこにアーティスト自身の生の声を加えた45分間のドキュメンタリーとしてライブペインティングを“再生”するアフタートークを第二部とする、2部構成となっている。これによってライブペイントをより多角的にたのしめる一夜をお届けする。

■2013年5月23日(木)
 open: 19:00/start: 19:30
 adv: 1500+1D door: ¥2000+1D
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677


♦LIVE ( 45min.)
沖冲. side
みなみりょうへい(paint) × 池澤龍作 (music)

♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲.
assistant: URRY

♦halftime show
ぱお

♦USTsupport
yealo!


▼PAINT:
みなみりょうへい


大阪生まれ。10代をインラインスケートのプロライダーとして大阪の街をアグレッシブに過ごす。 京都精華大学を卒業後、京都を拠点に木版画や絵画の展覧会を次々と行うも、何か違う手応えを欲してNew Yorkに飛ぶ。 2007年、New YorkのBrooklynを拠点に約1年ほど活動、地下鉄や街中でのインスタレーションなどを執行。 同時期、絵の具だけリュックに詰め込みメキシコの僻地でホースキャラバン団体と合流し、山々で馬と生活、約4ヶ月ほどメキシコ放浪。 キャラバン後、メキシコとグアテマラで出会った人の家に宿代として絵を描いて点々と旅をする。 帰国後、東京を拠点に自分のための可笑しみを模索し、人の行動や動き、恰好悪いモノ、無意味な儀式などに感化した作品を 展覧会や様々な各地レジデンスで絵画・インスタレーション・パフォーマンスを用いて発表している。 並行して近年は、パフォーマンスアートやコンテンポラリーダンスなど身体を追求する表現にも精力的に取り組み各地で活動している。 一方で、バンドMr.Understandでボーカル、アートユニットOPENdANでダンスなどの課外活動も行っている。 [個展歴] 2009  "お目々で魅れぬと舞を知る"/mograg garage、東京     トーキョーワンダーウォール都庁2009/東京都庁第一本庁舎3階 南側空中歩廊 2010  "センチメンタル・イメージ病"/ビリケンギャラリー、東京 2011  "マッハ外人さん"/FORESTLIMIT、東京 2013 "お山がうごいて 犬がきた" 加藤笑平×みなみりょうへい/IAF SHOP*、福岡

/////////////////////////////////
oki-chu.'s EYE
前回のGEISAI galleryでのbEで魅せたBAKIBAKIサイドからのド直球ド真ん中のライブペイント・パフォーマンスを受けての今回、沖冲.サイドはそれとは まったく異なる世界をお届けしたい。 みなみりょうへいは、プロフィールを見て頂ければ分かるとおり、さまざまなキャリアをまるで旅をするように生きており、それらが統合されている…ような散 らばっているような身体をもって発揮されるライブペイントは、ペイントとダンスの中間のような様相を呈している。 そして彼とともにセッションするミュージシャンは、フリージャズ界でその名を轟かせるドラマーの池澤龍作が、今回はパーカッションセットで登場。 イベント構成のリニューアル後一発目のAMPでのbEとなる今回だが、右目と左目のそれぞれが見ている世界の異文化交流の場であるということがbEの面白 さの一つであることは健在であり、そのヴァリエーションをライブペイントという枠組みで楽しんで頂ける夜となれば幸いである。


http://black-eye.info/
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 15:41 | - | trackbacks(0) | | |

♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS