<< October 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
chu-ink hepalin rakugaki muraimimi
RECOMMEND
≡ SPONSORED ≡

♯ Live PAINT & TALK Show "bLack EYE vol,11" 開催!!

 

Live PAINT & TALK Show
“bLack EYE”vol.11


produced by BAKIBAKI × 沖冲.

第11回は京都から気鋭のイラストレーターが参戦!!
本企画は、プロデューサーである二人が個別にセレクトしたアーティスト×ミュージシャンによる45分間のライブショウケースを第一部のメインコンテンツとする。
さ らに、ライブ直後のアーティストを招き、BAKIBAKIの現場の経験値に基づいた見地と、沖冲.のより広義な絵画の知識に基づいた見地からの解説、そこ にアーティスト自身の生の声を加えた45分間のドキュメンタリーとしてライブペインティングを“再生”するアフタートークを第二部とする、2部構成となっ ている。これによってライブペイントをより多角的にたのしめる一夜をお届けする。

■2013年9月14日(土)
 open: 18:30/start: 19:30
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677

charge: 当日2,000(+1D) /予約1,500(+1D)   
※FaceBookイベントページ参加表明で前売り予約となります→予約はコチラ


♦LIVE ( 45min.)
BAKIBAKI side
岡村優太(paint) × 山田あずさ (music)

♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲. × 岡村優太
assistant: URRY

♦USTsupport
yealo!


▼PAINT:
岡村優太
イラストレーター
1988年大阪府生まれ。京都市在住。 2011年京都精華大学卒業。
面相筆と墨を用いたドローイングを手がける。雑誌やフライヤーなど紙媒体のみならず、アートプロジェクト「瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島 醤の郷+坂手港プロジェクト」やミュージックビデオ「Scott & Rivers - Butterfly」などさまざまな媒体で展開。そのほか雑誌「mograg vol.4」やグループ展「MY BEST FOOD」(ROCKET/2013)に参加するなど、精力的に活動を続ける。


▼MUSIC:
山田あずさ

鍵盤打楽器奏者
北海道富良野生まれ。桐朋学園大学音楽学部カレッジデュプロマコースにてマリンバを専攻。
世界的なマリンバ奏者である安倍圭子氏に師事、打楽器を佐野恭一、ドラムセットをJimanica(d.v.d)、小山太郎の各氏に師事。
卒業後、即興演奏やダンスとの共演、Live活動の他、録音、無印良品キャンプ場でのワークショップ、作曲家 佐瀬寿一氏を中心とした CHILD OASIS PROJECTへ参加。
現在、WUJA BIN BIN、打楽器Duo MoMo、渋さ知らズなどで活動中。2013年、1ヶ月にわたる渋さ知らズ欧州ツアーに参加。

 


/////////////////////////////////
沖冲.'s EYE

bE第11回は京都の気鋭のイラストレーター:岡村優太が参戦する。1988年生まれ、25歳と若い彼だが、確かなテクニックとユルいユーモアを合わせ持つ彼の作風は
彼が手がけている仕事の幅広さをみても、既にイラストレーターとして高いレベルで完成していると言える。
また彼や彼の周辺では関西のペインターの新しい潮流を感じさせる才能が出現してきており、その旗手としてもここで彼を紹介することに重要な意味があると感じている。
対する音楽は、マリンバ奏者として先月まで渋さ知らズの欧州ツアーにも参加していた、山田あずさ。様々な楽器を奏でる山田さんといくつかの作風を自在に描き出す岡村くんがどのような45分間のパフォーマンスをみせてくれるのか、今から楽しみである。


http://black-eye.info
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 13:42 | - | trackbacks(0) | | |

♯ “bLack EYE”vol.10開催!

 

Live PAINT & TALK Show
“bLack EYE”vol.10


produced by BAKIBAKI × 沖冲.

記念すべき第10回の今回は仙台からの刺客!!
本企画は、プロデューサーである二人が個別にセレクトしたアーティスト×ミュージシャンによる45分間のライブショウケースを第一部のメインコンテンツとする。
さらに、ライブ直後のアーティストを招き、BAKIBAKIの現場の経験値に基づいた見地と、沖冲.のより広義な絵画の知識に基づいた見地からの解説、そこにアーティスト自身の生の声を加えた45分間のドキュメンタリーとしてライブペインティングを“再生”するアフタートークを第二部とする、2部構成となっている。これによってライブペイントをより多角的にたのしめる一夜をお届けする。

■2013年7月20日(土)
 open: 18:30/start: 19:30
 adv: 1500+1D door: ¥2000+1D
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677


♦LIVE ( 45min.)
BAKIBAKI side
SYUNOVEN(paint) × ILLLLLLLLLLLUSS (music)

♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲.
assistant: URRY

♦USTsupport
yealo!


▼PAINT:
Syunoven(朱のべん)

1980年福島県会津生まれ。90年代後半からスケートボードや音楽を通じた絵を描き始め2001年仙台に移住。独学で追求を続け近年その成果が各地に特異な印象を与えている。

/////////////////////////////////
BAKIBAKI's EYE

今回は、仙台からの刺客”SYUNOVEN”(ベン)について語ろう。
はじめてベンと出会ったのは2003年に関西でDOPPELを通してだった。
そこから2000年代中期まで、まだ他の地方とのペインター同士の交流が少なかった黎明期に京都のDOPPELと仙台のSYUNOVENはよくつるんでいた。
最近はお互いスタンスを尊重して活動を傍観しつつも要所では出会う、そんな寡黙で酒好きなマイメンだ。
スケート・クラブ・グラフィティと現代のライブペイントカルチャーの文脈要素を豊富に兼ね備えつつ、
出来た生成物は現代美術にも接続するであろうハイブリッドな妖怪は、ILLROMAN BROでの相方イルマスカトラスの音に共鳴して、
漆黒のロープをグゥィングゥィンに振り回してくるであろう。
出場することが既に事件、皆の期待を裏切る45分を期待するとしよう。


http://black-eye.info/
| - |posted by bLack 2 bLack at 23:11 | - | trackbacks(0) | | |

♯ Live PAINT & TALK Show "bLack EYE vol,09" 開催!!


Live PAINT & TALK Show
“bLack EYE”vol.09


produced by BAKIBAKI × 沖冲.

ホームAMPでの企画改変一発目!!
本企画は、プロデューサーである二人が個別にセレクトしたアーティスト×ミュージシャンによる45分間のライブショウケースを第一部のメインコンテンツとする。
さらに、ライブ直後のアーティストを招き、BAKIBAKIの現場の経験値に基づいた見地と、沖冲.のより広義な絵画の知識に基づいた見地からの解説、そこにアーティスト自身の生の声を加えた45分間のドキュメンタリーとしてライブペインティングを“再生”するアフタートークを第二部とする、2部構成となっている。これによってライブペイントをより多角的にたのしめる一夜をお届けする。

■2013年5月23日(木)
 open: 19:00/start: 19:30
 adv: 1500+1D door: ¥2000+1D
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677


♦LIVE ( 45min.)
沖冲. side
みなみりょうへい(paint) × 池澤龍作 (music)

♦TALK
BAKIBAKI × 沖冲.
assistant: URRY

♦halftime show
ぱお

♦USTsupport
yealo!


▼PAINT:
みなみりょうへい


大阪生まれ。10代をインラインスケートのプロライダーとして大阪の街をアグレッシブに過ごす。 京都精華大学を卒業後、京都を拠点に木版画や絵画の展覧会を次々と行うも、何か違う手応えを欲してNew Yorkに飛ぶ。 2007年、New YorkのBrooklynを拠点に約1年ほど活動、地下鉄や街中でのインスタレーションなどを執行。 同時期、絵の具だけリュックに詰め込みメキシコの僻地でホースキャラバン団体と合流し、山々で馬と生活、約4ヶ月ほどメキシコ放浪。 キャラバン後、メキシコとグアテマラで出会った人の家に宿代として絵を描いて点々と旅をする。 帰国後、東京を拠点に自分のための可笑しみを模索し、人の行動や動き、恰好悪いモノ、無意味な儀式などに感化した作品を 展覧会や様々な各地レジデンスで絵画・インスタレーション・パフォーマンスを用いて発表している。 並行して近年は、パフォーマンスアートやコンテンポラリーダンスなど身体を追求する表現にも精力的に取り組み各地で活動している。 一方で、バンドMr.Understandでボーカル、アートユニットOPENdANでダンスなどの課外活動も行っている。 [個展歴] 2009  "お目々で魅れぬと舞を知る"/mograg garage、東京     トーキョーワンダーウォール都庁2009/東京都庁第一本庁舎3階 南側空中歩廊 2010  "センチメンタル・イメージ病"/ビリケンギャラリー、東京 2011  "マッハ外人さん"/FORESTLIMIT、東京 2013 "お山がうごいて 犬がきた" 加藤笑平×みなみりょうへい/IAF SHOP*、福岡

/////////////////////////////////
oki-chu.'s EYE
前回のGEISAI galleryでのbEで魅せたBAKIBAKIサイドからのド直球ド真ん中のライブペイント・パフォーマンスを受けての今回、沖冲.サイドはそれとは まったく異なる世界をお届けしたい。 みなみりょうへいは、プロフィールを見て頂ければ分かるとおり、さまざまなキャリアをまるで旅をするように生きており、それらが統合されている…ような散 らばっているような身体をもって発揮されるライブペイントは、ペイントとダンスの中間のような様相を呈している。 そして彼とともにセッションするミュージシャンは、フリージャズ界でその名を轟かせるドラマーの池澤龍作が、今回はパーカッションセットで登場。 イベント構成のリニューアル後一発目のAMPでのbEとなる今回だが、右目と左目のそれぞれが見ている世界の異文化交流の場であるということがbEの面白 さの一つであることは健在であり、そのヴァリエーションをライブペイントという枠組みで楽しんで頂ける夜となれば幸いである。


http://black-eye.info/
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 15:41 | - | trackbacks(0) | | |

♯ bLack EYE in GEISAI Gallery



LIVE Paint & Talk SHOW
“bLack EYE”vol.08


produced by BAKIBAKI × 沖冲.


BAKIBAKI+沖冲プロデュースで高円寺AMPcafeにて隔月開催されていた
LIVE PAINTING & TALKSHOW "bLack EYE"がGEISAI Galleryにて開催!

■2013年3月9日(土)
 open: 18:00/start: 19:00
 charge : FREEEEE!!!
(振る舞い酒あり+ドリンク持ち込み自由!)

 at GEISAI Gallery
〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14


【45min. Live Painting showcase】
Live Painting:DRAGON76 x JUN INOUE


DJ:LZA

TALK(前半):BAKIBAKI+沖冲
TALK(後半):BAKIBAKI+沖冲+DRAGON76+JUN INOUE



▼PAINT:
INOUE JUN / イノウエジュン


日本特有の繊細な精神性をアブストラクトな線で描き、独特な「間」を作品の中に生み出し、モダンなセンスと伝統的なスピリッツが混ざり合うように、絶妙な 感覚が見る者の意識を刺激する。 スタイルが常に変化していく自身の表現は、平面から立ち上がり、ファッションやディスプレイデザイン等、様々な分野との 融合が見受けられる。2004年より数々のイベントにてライブペイントを行い、08年にはオーストラリアで開催された「NO COMPLY 08」にて、初めて海外にて作品を発表。10年には、アメリカオレゴン州ポートランドにてQue Houxoとのツーマンショー「花とダイヤモンド」を開催。同年ナイキ本社の壁画を制作。11年日本の美意識をテーマにした「NEW YELLOW」シリーズをメルボルンBackwoods galleryにて開催。アデレード、東京でも同シリーズの展示会を開催。

http://juninoue.jp




DRAGON76



1976年滋賀生まれ。神奈川在住、1996年に Painterとしてのキャリアをスタート。 マイノリティー文化や音楽から受けた影響を基に情熱的で生命力溢れるタッチで作品制作やライブペインティング、 CDジャケットやフライヤーなどの音楽関係のビジュアルの制作等を手掛け、国内外から高い評価を得る。 特にライブペインティングでは、即興で繰り広げられるダイナミックなパフォーマンスに国内の音楽フェス・クラブイベント、 海外からのオファーも多く、今ままでにニューヨーク・ロンドン・イビサ・リバプール・バーミンガム・ケニア・ヨルダン・ジャマイカ等でライブペイントを 行っている。 また、PUMA・KIRIN・KFCやスペインの住宅メーカーの壁紙のデザイン等、国内外の多数の企業との幅広いタイアップ実績がある。 2004年ドイツの出版社Die Gestalten Verlagから出版されたSonic-Visuals forMusic、2005年illusive、2006年Play Loud!!に作品が大きく掲載され、2008年にはドイツのデザイン出版社taschen タッシェンIllustration Now vol.2に作品が紹介される。 近年では2011年に南アフリカのジンジ・マンデラ(ネルソン・マンデラの娘)のプライベートイベントに公式招待されライブペイントショーを行うなど、国 境、人種、社会的立場を超えたボーダーレスな活動を展開している。


http://www13.plala.or.jp/dragon-76/
/////////////////////////////////

http://black-eye.info/
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 23:45 | - | trackbacks(0) | | |

♯ LIVE PAINT & TALK Show "bLack EYE vol,07" 開催!!

 

LIVE Paint & Talk SHOW
“bLack EYE”vol.07


produced by BAKIBAKI × 沖冲.


2013年シーズンいよいよ開幕!!

「踊りだす、絵画」
”bLack EYE”は、背景の異なる二人のプロデューサーそれぞれがセレクトしたペインター×ミュージシャンによる、一本45分間のセッションライブ・ショウケースイベントです。
ライブペインティングの「ライブ」性に重点的にスポットライトを照らし、ライブペインティングの再解釈と深化の可能性を探る試みです。2013年シーズンいよいよ開幕!!

■2013年1月31日(木)
 open: 18:30/start: 19:30
 adv: 1500+1D door: ¥2000+1D
 at AMPcafe
 〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-30-1
 Tel: 03-3315-3677


♦LIVE ( 45min. ×2 )
沖冲. side
ヨシカワショウゴ(paint) × 寿千寿 (music)

BAKIBAKI side
DRAGON76(paint) × 長崎真吾(music)


♦TALK
ゲスト:TOKIYA
BAKIBAKI × 沖冲.
assistant: YURI


♦halftime show
未定

♦USTsupport
yealo!


▼PAINT:
ヨシカワショウゴ


1980年 兵庫県生まれ 大阪を拠点に活動中。 その活動内容は音楽、絵、服までも幅広く、大阪、日本にとどまらない。 世界各国のアンダーグラウンドアーティストを自ら選出した、ミニコミ、『hepalinillillmaster』を出版。(vol.3まで。vol.4,5はステッカーに形態を変えてリリース。) その流れで各国のアンダーグラウンドマガジンに掲載される(LE DERNIER CRI,NARVI,CODE他) その後、ミニコミにも参加した、オランダのアート団体『ANTISTROT』とオランダ、NY、ドイツなどでグループ展をおこなった。 また、ミュージシャンとしてもZUINOSIN, BOGULTA, EXEDEXEX, bt.mp.disciples, CANDID,KILL CITY ROLLERS等でベースを担当。 音楽関系とも親交が深く、数多くのCDジャケット、Tシャツのアートワークを作成したり、ヨシカワ軍団と名をうって親交のあるアパレルブランド、フィギュア造型師、帽子職人などとコラボレーションを試み、展示会をおこなった。 2010年、淡路島のしまキャラ、『あわじい』のデザインも担当した。 2011年、意匠家の山地真介(catchpulse)とのアパレルプロジェクト、ALTERNATIVE SHIFT CONTROLを立ち上げ世界中のアーティストをキュレーションしたTシャツとブックがセットになった『36-56』をリリース。 2012年 梅田NOONにて突発的アパレルショップ ACCIDENT内で、タイマン型ライブドローイングバトル『BLACK PENCIL ACCIDENT』を始める。 現在2013年夏の個展に向けて絶賛実験中!

/////////////////////////////////
oki-chu.'s EYE
2013年の幕開けを飾るbLack EYE第七回の今回は、関西を拠点に国内外・ジャンルすらもボーダーレスに表現活動を行うヨシカワショウゴ。そのあまりにも多岐にわたる活動ゆえに人に よって彼のイメージは様々だと思われるが、ボクとしてはやはり何よりこのbLack EYEの源流のひとつであり、かつてボクが京都を中心に不定期開催していたライブドローイングパーティ『bLack 2 bLack』のレギュラーメンバーであり、様々な関西のアーティストやミュージシャンと共に"絵×音"の表現の可能性を模索した盟友である、ということを ここに書いておきたい。また、音楽の方も00年代の大阪のブレイクコアシーンにおけるレジェンドバンド『ZUINOSIN』のギタリストであり(ヨシカワ ショウゴは同バンドのベーシスト)現BACK DROP BOMBの寿千寿が担当するという好き者にはたまらんブッキングが実現した。新年の幕開けに沖冲._sideはボク自身のルーツ的世界観であり"オモロ さ"の最新型である二人のアーティストによる、とてもエキサイティングなセッションとなるだろう。




DRAGON76



1976年滋賀生まれ。神奈川在住、1996年に Painterとしてのキャリアをスタート。 マイノリティー文化や音楽から受けた影響を基に情熱的で生命力溢れるタッチで作品制作やライブペインティング、 CDジャケットやフライヤーなどの音楽関係のビジュアルの制作等を手掛け、国内外から高い評価を得る。 特にライブペインティングでは、即興で繰り広げられるダイナミックなパフォーマンスに国内の音楽フェス・クラブイベント、 海外からのオファーも多く、今ままでにニューヨーク・ロンドン・イビサ・リバプール・バーミンガム・ケニア・ヨルダン・ジャマイカ等でライブペイントを 行っている。 また、PUMA・KIRIN・KFCやスペインの住宅メーカーの壁紙のデザイン等、国内外の多数の企業との幅広いタイアップ実績がある。 2004年ドイツの出版社Die Gestalten Verlagから出版されたSonic-Visuals forMusic、2005年illusive、2006年Play Loud!!に作品が大きく掲載され、2008年にはドイツのデザイン出版社taschen タッシェンIllustration Now vol.2に作品が紹介される。 近年では2011年に南アフリカのジンジ・マンデラ(ネルソン・マンデラの娘)のプライベートイベントに公式招待されライブペイントショーを行うなど、国 境、人種、社会的立場を超えたボーダーレスな活動を展開している。

/////////////////////////////////
BAKIBAKI's EYE
今年初っ端のbLack EYEに捧げるBAKIBAKIサイドの刺客は、ライブペイント界の真打ち"DRAGON76"が満を持しての登場デス!2005年の渋谷PLUGで DOPPELとの初セッションでは画面を上書きし過ぎて苦笑いしたのも良き思ひ出。おそらくブラックスプロイテーションに影響を受けたであろう初期作風か ら、近年のフューチャープリミティブなタッチへと見事に進化を遂げたスマイルギャングな二 児の父は、その類希な画力に加えて様々な手法を貪欲に吸収し、数十手先を見越したレイヤーが交差する絵作りとその独特な色彩センス、クライアントワークで 鍛えた膨大な仕事量と海外活動で得た経験値をもって、当夜の時空間を必ずやロックしてくれると信じている。対するミュージシャンにはスピナビルバンドのギタリストである長崎真吾氏がアコースティックライブを披露。2013年の幕開けにふさわしいこの貴重な45分のハーモニーをゼヒ皆さんに体感していただきたく候っ

http://black-eye.info/
| b2b info |posted by bLack 2 bLack at 13:59 | - | trackbacks(0) | | |
| 1/14PAGES | >>
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS